『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』作画担当・小畑健氏の画業30周年記念展覧会が2019年夏に開催! - ファミ通.com
集英社は、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』など大ヒット作の作画を担当した小畑健氏の画業30周年を記念して、初の展覧会を2019年夏に開催することを発表 ...
(出典:ファミ通.com)


ヒカルの碁』(ヒカルのご)は、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による囲碁を題材にした日本少年漫画。日本棋院所属女流棋士・梅沢由香里が監修を務めた。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1999年(平成11年)2・3合併号から2003年(平成15年)33号にかけて連載された。話数
145キロバイト (25,589 語) - 2019年6月6日 (木) 07:26



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


囲碁は正直地味なジャンルだけどそれをカッコよく魅力を最大限に魅せて凄い漫画ですよね!

【【おすすめ】ジャンプ漫画『ヒカルの碁』囲碁の漫画なのに歴史に残るほどおもしろい!】の続きを読む