スンジーの漫画ログ

スンジーの漫画ログは2chまとめブログです。人気の漫画・アニメなどの最新ニュースを伝えていきます。

    カテゴリ:ゲーム > e-スポーツ


    尾木ママ、eスポーツに疑問「“ゲームの大会”にしか見えない」 - SANSPO.COM
    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が13日、自身のブログを更新。近年盛り上がりを見せる「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」について疑問を呈した…
    (出典:SANSPO.COM)


    electronic sports)は、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。 e
    54キロバイト (7,344 語) - 2019年5月9日 (木) 22:54



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    世界的に注目されているけれどまだオリンピックの競技として決まるには問題点が大きいですね。

    1 Egg ★ :2019/05/14(火) 23:31:45.57 ID:aWo44URt9.net

    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が14日までに自身のブログを更新し、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」に「どうしてスポーツなのか」と疑問を呈した。

     ゲームを使った対戦をスポーツとして捉えたeスポーツ。昨夏のアジア大会(ジャカルタ)で公開競技として導入され、サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本代表が金メダルを獲得。今年年9月に茨城で行われる第74回国民体育大会「いきいき茨城国体」では「文化プログラム」としてeスポーツが都道府県対抗種目になることも決まっている。

     尾木ママは「どうしてゲームがスポーツなのか!?」のタイトルで記事をアップし、「eスポーツ どうしてスポーツなのかな~尾木ママには、単なる大型の【ゲームの大会】にしか見えない!高校eスポーツ大会の映像を見てもオンラインゲームのチーム戦にしか見えない!」と率直な感想を吐露。「ゲーム依存症の心配の方が大きいですーー」とつづった。

     さらに「脳への影響も科学的にも明らかなのに その疑問報道見ても少しも解消されませんでしたーー尾木ママの理解力がないのかしら?」とつづり、「世界保健機構が昨年6月にゲーム障害を疾病認定したことはどう理解するのでしょうか?WHOに圧力をかけるアメリカの大手ゲーム業界の動きーーなんだかなぁ~とても割り切れないです、、大丈夫かしら?心配」と複雑な思いを記していた。

    5/14(火) 11:14配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-sph-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/05/14(火) 11:21:09.96
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557812004/


    【【悲報】<尾木ママ>語る『eスポーツ』を疑問視「どうしてスポーツなのか」「ゲーム依存症の心配の方が大きい」 と懸念材料残る】の続きを読む


    野球関係者もショック? 24年パリ五輪で“ゲーム"が公式種目へ - ニフティニュース
    世界の野球ファンの敵は「空想の世界」にいるようだ。 東京五輪・パラリンピックのチケット販売の抽選申し込みが始まり、「野球競技の売れ行きが良い」という。地方球場での ...
    (出典:ニフティニュース)


    electronic sports)は、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。 e
    54キロバイト (7,344 語) - 2019年5月9日 (木) 22:54



    (出典 led.led-tokyo.co.jp)


    ゲームが競技として認められる時代が来るとは思っていなかったですね!
    でもe-Sportsはかなり本格的な競技としてプレイされるのでこれから本格的に広がっていきそうですね!

    1 Egg ★ :2019/05/13(月) 22:29:31.50 ID:FEQN579X9.net

    世界の野球ファンの敵は「空想の世界」にいるようだ。

    東京五輪・パラリンピックのチケット販売の抽選申し込みが始まり、「野球競技の売れ行きが良い」という。地方球場での開催、チケットの高額設定などの不安要素もあったが、野球・ソフトボールを追加種目に加えた目的はここにある。日本人は、やはり野球が好きなのだ。

    「野球をオリンピック競技に復活させるため、プロ野球、アマチュア野球の各団体が一丸となってPR活動を行ってきました。目標は2つ。東京五輪の追加種目に選ばれること、そして、正式な五輪競技に復活させることです。東京大会の次のパリ五輪はともかく、次々のアメリカ・ロス大会で再復活を目指すしかありません」(スポーツ紙記者)

    野球競技を次回のパリ五輪に継続できない理由は、世界的に見て、競技者人口と観戦者人口が増えていないからだ。そんな悲観的な実情に追い打ちを掛けるような情報も飛び込んできた。パリ五輪は「eスポーツ」を正式種目として新たに採用する方向で、すでに動き始めているのだ。

    「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略称で、手っ取り早く言えば、テレビゲームのこと。日本はゲーム大国だが、欧米ではオンライン対戦ゲームがさらに普及していて、世界大会が何度も開催されている。しかも、優勝賞金1,120万ドル(約13億円)なんて大会もあり、プロとして活動しているゲーマーもいる。

    「eスポーツは世界規模でネット観戦されており、一昨年時点で3億3500万人がカウントされました。競技者人口は1億人を超え、市場規模としては6億5500万ドル(約740億円)以上です」(国内ゲームソフト会社プログラマー)

    アサ芸Biz 2019年5月13日 10:00 0
    https://www.excite.co.jp/news/article/Asageibiz_3045/


    【【衝撃】<野球関係者もショック?> 24年パリ五輪で“ゲーム”が正式種目に決定!?e-スポーツ大規模に展開される】の続きを読む


    eスポーツに賛否 部活取り入れの動きも根強い反対 - 産経ニュース
    対戦ゲームで勝敗を競う「eスポーツ」が広がりを見せる中、学校の部活動に取り入れる動きが出てきた。業界への企業の参入が相次いでいることや、プロ選手を養成する ...
    (出典:産経ニュース)


    [E]スポーツ(イースポーツ)は、北海道放送(HBCテレビ)で放送されていたスポーツ情報番組。 2006年4月8日放送開始。これまでHBCテレビ土曜夕方5時枠は1時間の情報番組「アンカー!」が放送(2002年4月~2006年3月)されていたが、CBC制作の特撮ドラマ「ウルトラマンメビウス」が5時3
    8キロバイト (875 語) - 2018年10月31日 (水) 08:19



    (出典 www.sankei.com)


    e-Sportsも競技として認められるには懸念材料が多いですねㅜㅜ

    1 しじみ ★ :2019/03/28(木) 06:43:13.61 ID:CAP_USER.net

    対戦ゲームで勝敗を競う「eスポーツ」が広がりを見せる中、学校の部活動に取り入れる動きが出てきた。業界への企業の参入が相次いでいることや、プロ選手を養成する専門学校が設立されたことなどが、流れを後押ししているようだ。ただ、教員らの間では反対意見も根強く、教育現場は揺れている。eスポーツは「ゲーム」か「運動」か-。浸透に向けては課題も浮かぶ。(高力悠一朗、橋本昌宗)

     ■学校でeスポーツ

     夕方の校舎に、コンピューターゲームをプレーする音が響き渡る。生徒が隠れてやっているのではない。れっきとした学校の部活動の一コマだ。

     愛知県立城北つばさ高校(名古屋市)には昨年、「eスポーツ部」が誕生した。平成29年に開校したばかりの同校では部活動の設置も手探り状態で進められ、校長の発案で決まったという。

     鳴沢由紀子教頭は「『eスポーツはスポーツなのか』という意見はあったが、学校に興味を持っていなかった子も居場所ができた」と力を込める。車いすの部員もいて、一緒に楽しんでいるという。

     茨城県立大洗高校(同県大洗町)では、今年4月からeスポーツの部活動を立ち上げようと検討が進められた。関係者によると、同県では今年9~10月、国民体育大会が開催され、都道府県対抗のeスポーツ大会の実施が決まっていることもあり、生徒が発案。しかし、教職員から「学校で堂々とゲームをさせていいのか」といった反対意見が上がったという。

    ■プロ野球も参入

     揺れる学校現場だが、国内のeスポーツをめぐる動きは加速している。

     昨年2月には、eスポーツをプロ競技として普及する一般社団法人「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足。Jリーグもeスポーツに参入し、すでにJ1クラブ15チームが推薦する選手などによる大会が開かれている。

     プロを養成する専門学校も登場し、各地には対戦施設が続々とオープン。昨夏、インドネシアで開かれたアジア競技大会では、公開競技ながらサッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本人が優勝し、注目を集めた。

     プロ野球も今年1月にリーグ開催を発表した。東京都も来年度予算に大会開催費を盛り込み、将来的には五輪の正式種目入りを目指す動きも出てきた。


    続きはソースで

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://www.sankei.com/life/news/190324/lif1903240040-n1.html


    【【悲報】eスポーツに賛否、、 部活取り入れの動きにも根強い反対】の続きを読む

    このページのトップヘ