スンジーの漫画ログ

スンジーの漫画ログは2chまとめブログです。人気の漫画・アニメなどの最新ニュースを伝えていきます。

    カテゴリ:その他 > アニメ化


    次のアニメ化作品を決めるかも!?「アニメ化してほしいマンガランキング」結果発表【AJ2019】 - アニメ!アニメ!
    「AnimeJapan 2019」にて、主催施策「アニメ化してほしいマンガランキング」のコーナーが展開。1位から10位までの作品が明らかに.
    (出典:アニメ!アニメ!)



    (出典 pbs.twimg.com)



    6 風の谷の名無しさん@実況は実況板で :2018/02/16(金) 00:48:37.72 ID:X4UQvW4y.net

    Sレア彼女
    マンネリがちだが実況なら盛り上がれる


    【【ランキング】ファンがアニメ化してほしいと思う作品は!?】の続きを読む


    アニメ作品の半数以上はライトノベルからの作品となっている。ライトノベル原作のアニメ化、漫画、映画ゲームソフト、フィギュアなどが行われている。 作品に関しては、ライトノベルのアニメ化作品一覧を参照。 TVアニメ・映画や漫画、ゲーム
    108キロバイト (14,777 語) - 2019年4月27日 (土) 16:55



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    アクション物は人気が高いですよね!

    71 名無しさん必死だな :2019/05/06(月) 08:37:07.48 ID:VD7RPHwB0.net

    >>1は無知で*だな


    【アニメ化されたゲームの成功例を挙げてみると...】の続きを読む


    2019春アニメ(今期4月)おすすめランキングまとめ! 全体&男女別に紹介 - アニメイトタイムズ
    【アニメイトタイムズ】2019春アニメタートまであとわずか。2019春アニメ(4月放送)は、『文豪ストレイドッグス(第3シーズン)』『進撃の巨人Season3(Part.2)』『フルーツ ...
    (出典:アニメイトタイムズ)



    (出典 otanavi.info)


    進撃の巨人第3期に鬼滅の刃が私はおすすめだと思います。

    1 しじみ ★ :2019/03/19(火) 16:40:21.60 ID:CAP_USER.net

    「2019年春アニメ」が4月より放送開始。人気作の続編や期待のオリジナル作品まで勢揃い!新作アニメのキービジュアル画像や出演する声優情報などをまとめて「新番組アニメ一覧」をお届けします!

    2019/3/18:更新

    ■2019春アニメ一覧目次

    ・アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~
    ・アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON
    ・あはれ!名作くん(シーズン4)
    ・洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~
    ・異世界かるてっと
    ・ULTRAMAN
    ・機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星
    ・鬼滅の刃
    ・キャロル&チューズデイ
    ・キラッとプリ☆チャン シーズン2
    ・KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-
    ・群青のマグメル
    ・けだまのゴンじろー
    ・・この音とまれ!
    ・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
    ・さらざんまい
    ・消滅都市
    ・進撃の巨人Season3(Part.2)
    ・ジモトがジャパン
    ・女子かう生
    ・ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!
    ・7SEEDS
    ・世話やきキツネの仙狐さん
    ・川柳少女
    ・続・終物語
    ・ダイヤのA actII
    ・超可動ガール1/6
    ・なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-
    ・なんでここに先生が!?
    ・猫のニャッホ
    ・ノブナガ先生の幼な妻
    ・八月のシンデレラナイン
    ・叛逆性ミリオンアーサー(第2シーズン)
    ・爆丸バトルプラネット
    ・BAKUMATSUクライシス
    ・ひとりぼっちの○○生活
    ・Bラッパーズ ストリート
    ・Fairy gone フェアリーゴーン
    ・フリージ
    ・フルーツバスケット
    ・文豪ストレイドッグス(第3シーズン)
    ・ベイブレードバースト ガチ
    ・ほら、耳がみえてるよ!-畏,看見耳朶拉- シーズン2
    ・ぼくたちは勉強ができない
    ・真夜中のオカルト公務員
    ・みだらな青ちゃんは勉強ができない
    ・MIX
    ・みるタイツ
    ・八十亀ちゃんかんさつにっき
    ・妖怪ウォッチ!(2019新シリーズ)
    ・リラックマとカオルさん
    ・RobiHachi
    ・四月一日さん家の(わたぬきさんちの)
    ・ワンパンマン(第2期)

    続きはソースで


    (出典 img.animatetimes.com)

    https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=5228


    【2019年春(4月放送開始)アニメ、おすすめは!?】の続きを読む


    ビリビリ、中国アニメの日本進出を推し進める - AFPBB News
    【3月28日 Xinhua News】中国上海に本社を置く大手動画共有サイト嗶哩嗶哩(ビリビリ)は24日、中国のオリジナル漫画を改編し、4月7日から、同社が制作した新作アニメ「 ...
    (出典:AFPBB News)


    中国アニメーションとは、中国で制作されたアニメのことを指すが、広義には台湾や香港などの中国語圏で制作されたアニメを含むこともある。 1941年に上海で制作された『西遊記 鉄扇公主の巻』はアジア初の長編アニメーション映画であり、1942年に戦時下の日本にも輸出され、手塚治虫や国産アニメ
    8キロバイト (1,135 語) - 2018年10月15日 (月) 15:35



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    今はアニメと言えば日本と言うわけではないのですね。海外でも人気漫画をたくさん生み出してほしいですね!

    1 日本人 ★ :2019/03/28(木) 22:15:27.60 ID:h7iC9RlC9.net

    https://www.afpbb.com/articles/-/3217671?act=all
    中国上海に本社を置く大手動画共有サイト嗶哩嗶哩(ビリビリ)は24日、中国のオリジナル漫画を改編し、4月7日から、同社が制作した新作アニメ「群青のマグメル(拾又之国)」の中国と日本での同時放送を開始すると発表した。

    同作品は中国大陸ではビリビリで公開され、日本では東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)とBSテレビ東京で放送される。

    原作は2015年6月から日本の集英社傘下の漫画アプリ「JUMP+」上で連載された中国の漫画家、第年秒の同名の作品。中国大陸発の作品が「JUMP」シリーズで連載されるのは非常に珍しく、その後ビリビリの働きかけによりアニメ化されることになった。株式会社ぴえろが制作を担当し、「NARUTO -ナルト-」シリーズを手掛けた伊達勇登氏が監督を務める。

    ビリビリが中国に版権のあるアニメ作品を海外で発表するのは初めてではない。同社制作の「TO BE HERO(凸変英雄)」も以前、日本のテレビ局で放送され、大きな反響を呼んだ。

    日本で先日行われたアニメジャパン2019では、ビリビリが制作した多くの中国のアニメーション作品が紹介された。ビリビリは中国企業を代表して4年連続の出展となった。


    【ビリビリ、中国アニメの日本進出!?日本や海外でも人気を博したアニメの同時放送が決定】の続きを読む


    “それぞれの箏の音が紡ぐ青春学園物語”2019年4月放送TVアニメ『この音とまれ!』ティザービジュアル公開! “それぞれの箏の音が紡ぐ青春学園物語”2019年4月放送TVアニメ『この音とまれ!』ティザービジュアル公開!
    …表記。(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会関連リンクアニメ『この音とまれ!』公式サイトアニメ『この音とまれ!』公式Twitter…
    (出典:音楽(M-ON!Press(エムオンプレス)))


    この音とまれ!』(このおととまれ)は、アミューによる日本の少年漫画。作者の連載デビュー作であり、『ジャンプスクエア』(集英社)において、2012年から連載中。 本作は、和楽器の1つ・箏をテーマとした学園漫画である。作中には古典曲から本作オリジナルの曲まで多種多様な箏曲が登場しており、2017年には
    38キロバイト (4,631 語) - 2018年12月5日 (水) 13:47



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2017/12/28(木) 16:15:09.03 ID:CAP_USER9.net

    「この音とまれ!」CDが第72回文化庁芸術祭賞のレコード部門優秀賞に
    2017年12月28日 14:59 93
    https://natalie.mu/comic/news/263238

    「この音とまれ!時瀬高等学校箏曲部」(c)アミュー/集英社

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    「この音とまれ!箏曲コンサート」より。(写真:釘野孝宏)

    (出典 cdnx.natalie.mu)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    アミュー「この音とまれ!」のCDアルバム「この音とまれ!時瀬高等学校箏曲部」が、平成29年度(第72回)文化庁芸術祭賞のレコード部門で優秀賞を受賞した。

    時瀬高校箏曲部メンバーをはじめ、登場キャラクターによる演奏を収録するというコンセプトのもと、3月にリリースされた「この音とまれ!時瀬高等学校箏曲部」。「龍星群」「久遠」「天泣」など劇中ではおなじみのオリジナル曲をはじめ、「さくらさくら」「六段の調」といった楽曲などが収録された。「作中から新たな創作曲が生まれ、演奏映像のネット配信を通して、現役高校生の部活動を刺激している。録音制作物の新たな価値の創出につながることに期待したい」と受賞理由が挙げられている。

    文化庁芸術祭は芸術の創造、発展を図ることを目的とした芸術の祭典。演劇、音楽、舞踊、大衆芸能、テレビ・ドラマ、テレビ・ドキュメンタリー、ラジオ、レコードの8部門が設けられている。

    「この音とまれ!」は、廃部寸前だったとある高校の箏曲部を舞台にした青春もの。箏曲部を立て直し、全国大会を目指す高校生たちの青春を描いていく。去る12月23日には東京・草月ホールにて、劇中に登場する箏曲を演奏する「この音とまれ!箏曲コンサート」が行われた。


    【【速報】『この音とまれ!』2019年4月アニメ化放送決定!待望の青春学園物語】の続きを読む

    このページのトップヘ