スンジーの漫画ログ

スンジーの漫画ログは2chまとめブログです。人気の漫画・アニメなどの最新ニュースを伝えていきます。

    カテゴリ:その他 > 攻殻機動隊


    攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス)は、士郎正宗原作のSF・テレビアニメ。「攻殻機動隊 S.A.C.」「攻殻S.A.C.」「攻殻S」などと略称されることもある(S.A.C.の部分は一般的にエスエーシー、またはサックと読まれる)。
    35キロバイト (3,789 語) - 2019年3月11日 (月) 20:29



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ついに決まりましたね!でもマイナーなアニメだから話題が広がるか不安ですね。

    1 muffin ★ :2019/05/16(木) 11:24:53.64 ID:7boxpsHx9.net

    9年05月15日 17時30分 公開
    「攻殻機動隊」押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定
    放送すぐじゃん。
    [深戸進路,ねとらぼ]

     「攻殻機動隊」や「パトレイバー」シリーズなどで知られる押井守監督が原作、脚本、総監督を務める新作アニメーションの制作が決定。同作は、新設されたアニメ制作会社「いちごアニメーション株式会社」の独占出資となっています。

     秋葉原にある商業施設「AKIBA カルチャーズ ZONE」を保有する不動産会社「いちご株式会社」は5月15日、「いちごアニメーション」の設立及び、同社の*作として押井監督による新作アニメーションの制作を発表。同作は、押井監督が10年間構想を重ねた意欲作とのことで、2020年春から初夏ごろに放送、配信が予定されています。まだ全てが謎だけど、構想10年は期待するしかない!

     押井監督は、1983年にアニメ映画「うる星やつら オンリー・ユー」で劇場映画監督デビューを果たすと、その後も「機動警察パトレイバー the Movie」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」など多くの劇場作品を手掛けてきました。2018年には、夢枕獏さんの小説『キマイラ』のアニメ映画でも監督を務めることが発表されています(公開日は未定)。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/15/news118.html

    ★1が立った日時:2019/05/15(水) 17:35:10.67
    【アニメ】「攻殻機動隊」押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定 2019/05/15
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557909310/


    【【朗報】『攻殻機動隊』押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定】の続きを読む


    3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』2020年Netflixで全世界配信 3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』2020年Netflixで全世界配信
    …Netflixが、3DCGアニメで制作する『攻殻機動隊 SAC_2045』を独占配信すると発表しました。配信時期は2020年で、中国を除く全世界にむけ…
    (出典:IT総合(Engadget 日本版))


    攻殻機動隊』(こうかくきどうたい、英語タイトル:GHOST IN THE SHELL)は、士郎正宗による漫画作品。ジャンルとしてはSF(パラレルワールド含む)に属する。 この作品を原作とする劇場用アニメ映画が1995年に公開され、またテレビアニメ作品が2002年に公開された。士郎正宗の原作版・押井守の映画版・神山健治の『S
    53キロバイト (8,060 語) - 2018年12月8日 (土) 23:35



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)



    1 しじみ ★ :2018/12/08(土) 21:53:45.88 ID:CAP_USER.net

    [映画.com ニュース] 士郎正宗氏のSFコミックを原作とした人気アニメ「攻殻機動隊」シリーズ最新作のタイトルが「攻殻機動隊 SAC_2045」に決定し、シリーズ初のフル3DCG作品として2020年にNetflixで全世界配信(中国本土は除く)されることがわかった。あわせて、草薙素子が配されたビジュアルも公開された。

    スタッフは、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治、「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志が監督を務め、アニメーション制作は「攻殻」シリーズ過去作を一貫して手がけてきたProduction I.Gと、「アップルシード アルファ」「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」など3DCG作品を多数送り出してきたSOLA DIGITAL ARTSがタッグを組むという、Netflixで19年4月1日から配信される「ULTRAMAN」と同じ布陣となる。ストーリーなどの詳細は現段階では明らかになっておらず、12月10日発売の「ヤングマガジン」(講談社刊)で、さらなる新情報が発表される。

    「攻殻機動隊」は、科学技術が高度に発達した近未来を舞台に、コンピューター犯罪、サイバーテロなどに対抗するために結成された非公認の超法規特殊部隊「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描いたアニメシリーズ。押井守監督によるアニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(95)をはじめ、02年にテレビアニメ「攻殻機動隊STANDALONE COMPLEX」、13年に全4話の劇場版「攻殻機動隊ARISE」、04年に押井監督版の続編となる「イノセンス」などが製作。2017年にはスカーレット・ヨハンソン、ビートたけしら出演のハリウッド実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。


    (出典 eiga.k-img.com)


    https://eiga.com/l/aXRPH


    【【朗報】「攻殻機動隊」新作が2020年にNetflixで配信!シリーズ初のフル3DCGで】の続きを読む

    このページのトップヘ