『ワールドトリガー』次号休載 作者・葦原氏が腸閉塞を発症、現在は退院 - ORICON NEWS
ニュース| 月刊の漫画誌『ジャンプSQ.』(集英社)で連載中の葦原大介氏の漫画『ワールドトリガー』が同誌7月号(6月4日発売)の掲載を休載することが同作の公式 ...
(出典:ORICON NEWS)


ャンプスクエア』に移籍し、2019年1月号より連載中。 異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクション。略称は「ワートリ」「トリガー」など。 葦原にとって2作目となる連載作品。『週刊少年ジャンプ』2011年44号に掲載された読切作品『実力派エリート迅』をひな形として、20
265キロバイト (37,207 語) - 2019年5月17日 (金) 01:18



(出典 res.booklive.jp)


人気漫画なので休載で騒ぎになっているけど病気なのでゆっくり治してまた再開してほしいです!

1 朝一から閉店までφ ★ :2019/05/28(火) 18:46:35.44 ID:iGGkgTak9.net

2019-05-28 18:43

 『ジャンプSQ.』で連載中の葦原大介氏の漫画『ワールドトリガー』が7月号の掲載を休載することが公式ツイッターで発表された。葦原氏が胆のう摘出後の合併症で腸閉塞を発症したことによるもので、現在はすでに退院し回復に努めているという。8月号は掲載予定。

 また、ツイッターでは「なお、コミックス20巻は予定通り、6月4日発売です。各書店さんで、お手にとっていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

 同作は、2016年11月より作者の葦原氏の体調不良で長期休載していたが、10月29日発売の『週刊少年ジャンプ』48号より約2年ぶりに連載をスタート。5話連続で掲載し同誌最後の掲載となった52号の巻末では「半端な所ですみませんが、この続きはジャンプSQ.で。有難うございました!」とコメントしていた。

 休載はこれまで数回しており、14年に休載した際は同誌で「頚椎症性神経根症による治療の為、今号、休載いたします」と公表。長期休載となった16年11月21日の発売号では「葦原先生の体調不良により今号も休載、次号以降もしばらく休載いたします。今後の再開は未定です」と体調不良が原因であることを発表していた。
https://www.oricon.co.jp/news/2136403/full/
(最終更新:2019-05-28 18:43)


【【悲報】『ワールドトリガー』次号休載。 作者・葦原氏が腸閉塞を発症、現在は退院し8月号から再開予定】の続きを読む